結婚って続くっていいますよね。
私の友人も26,7歳の時にパタパタと12人くらい結婚していきました。
世間で言う結婚適齢期ですよね。
ご祝儀貧乏なんて言葉があるくらい、あの時はお金が掛かりました。
結婚式に招待してもらったのは8組くらいでした。
それまで、結婚式といえば叔父の結婚式に中学生の時に行って以来でしたから、まずはマナーもあまりよく分かっておらず、ネットで調べたり母親に聞いたり、それから本屋さんでマナーの本を読んだりしました。
それから結婚式に着ていくような服や靴、かばんなんかも持っていなかったので、その時初めて購入しました。
今でもあまり結婚願望が無い私ですが、やはり結婚式に出席すると結婚ていいものだなあとうらやましく思ったりもします。
でも、よく考えてみると結婚が好いというよりも結婚式がいいなと思うのです。
昔は結婚式なんて恥ずかしくてとても出来ないと思うのですが、最近は結婚式を挙げてもいいかなとも思います。

0 comments on “結婚式によく出席していた時期がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です